烏二羽朝霞よりわいてでる

 春寒やくさめひとつして身を縮め

 春なれや里山稜線かすみたる

 春愁の奥底にあるはしづま忌

 独りゐの夕餉きままに目刺焼く