人間とは

どうして

なかなか

もっともっと

したたかなものなのだ