ごんべのうた

五行歌もどきや駄句だくなどの倉庫です。
よろしかったらご笑覧ください。

シアワセって?

1829-mk42

シアワセの
ピンからキリのなかで
自分の手の届く
シアワセでよしとしたら
明日からもずっとシアワセだよ

人の知恵が
どんなに進んでも
明日のことは
誰もわからない
だから明日を案じることはない

シアワセな人も

シアワセでない人もいないんだ
シアワセだって思う人と
シアワセじゃないって
思う人がいるだけなのさ


1082-f01

海を見ていると
潮の香をかぐと
落ち着くのは
この身体のなかに
漁師の血が流れているせいなのか

船酔いにはとことん弱い
漁師の曾々孫は
ゆらり、ゆらり、ゆらり
ひさしぶりに大海原に出た夢を観て
ちょっとだけ血が騒いだ


夕景

17717-a1
 
夕日は
毎日
沈むけれど
おなじ夕景を
みることはない 
 

こころ

 りっしんべんは
 心なのだね
 快いっていう
 情けでもある
 それから怪でもある

 したごころは
 思うだし
 恋だし
 耳赤くしての
 恥ずかしィでもある

 若い心でいると
 惹かれる
 囲ってしまうと
 悶える
 心の置き場所なんだ

 偲んだり
 忍んだり
 悔やんだり
 恨んだり
 ぜんぶ心なんだなァ

9月の駄句だく

静けさや指先とまる秋の蝶

16921-my25

秋時雨ここから先が濡れたみち


 

10月の駄句だく

心なき風に乱れし酔芙蓉

稻はずに寄っかかってる古案山子

斜め日にえぬころぐさの黄金色

霧のなか通りぬけしに先も霧

赤とんぼ翅忙しく宙にゐる

19621-a8
 

9月の駄句だく

秋の野や出水のあとの濁川

雨匂う窓辺の風や秋涼し

紺碧のグラデーションを鳥渡る

曼珠沙華の赤竹林染めにけり

秋桜を離れた蝶が風に乗る

テーブルに落花生ありて夜が更ける

石仏の足許紅し曼珠沙華

ものみなが釣瓶落としのシルエット

新しき歳時記買いし汀女の忌

うすやみに月を探すやそぞろ寒

子らの声広場にあふれ秋彼岸

野良猫がゆくて横切る秋の園

花の野に寄り添う人がゐて愉し

空澄みて揚羽もつれし彼岸花

もの悲し音もなく降る秋の雨

きちきちが慌てて歩むさきへとぶ

見下ろせば湖面残照青みかん
ギャラリー
  • シアワセって?
  • 海
  • 夕景
  • 9月の駄句だく
  • 10月の駄句だく
  • 桜吹雪
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ